日記

DIARY

 今年ももうすぐ終わります。

 さて、クリスマスまでに彼女を作ろうと奮闘しておりましたが、その望みは水に落ちた粉糖(ふんとう)のように溶けて消えました。

 どんなケーキよりも甘い考えだったということですね。

 

 ちなみに負け惜しみですが、クリスマスは子供のためのイベントですからね!

 恋人がイチャイチャするための日じゃありません。

 

 そもそもなんで、クリスマスが恋人の日なのでしょう。

 サンタクロースだってたぶん独身ですよね?

 寒い夜に独身のおじいさんが、空飛ぶそりに乗って一生懸命プレゼントを配って回っているんですよ?

 

 空飛びながら一生懸命働いているときに、地上にイチャついてるカップルがいたらイライラするでしょう。

 「毎年、一生懸命プレゼント配っているのになんで俺は独身なんだ!これでもくらえ!!」 って言いながら、PS5の角を頭めがけて投げつけると思います。

 「フォーッフォッフォッ!当たった当たった!!今年は血のクリスマスを過ごすがよい」

 

 このサンタが家に着くころには、赤かった服は返り血によってさらに深い赤い色に変わり、白い部分がなくなっていることでしょう。

 

 そして、PS5の角が当たったカップルは「シャンシャンシャンシャンシャン…」という鈴の音が聞こえるたびに震え上がることでしょう。

 

 来年のクリスマスは皆さんお気をつけて。

 

 

 では、皆さんよいお年を!!

投稿日:2020/12/25   投稿者:-

 八代市で一番面白いブログへようこそ。

 

 みなさんマッチングアプリって知ってますか?

 そう、いわゆる身元確認が必要になった出会い系みたいなやつですね。

 

 このマッチングアプリを僕は導入しました。

 導入して約一か月が経ちました。

 顔もばっちり晒してあるので、興味のある方は僕を探してみてください。

 

 さて、二十日使ってみた僕の感想としては、男は非常に厳しい戦いになるということ。

 やっぱり女性が強い。

 男は数を撃って、女性は慎重に選ぶ感じですね。

 だって、500人以上の人からアプローチが来ているのに、まだ選びきれてない人とかどういうことですか?

 優柔不断の塊か、高望みの塊か、承認欲求の塊ですね。

 

 ま、そういう考察はまたいつかお話しするとして僕が思ったことが一つ。

 「周りからはよく○○って言われます 笑」のような「自分では思ってないけど、周りからこんなこと言われたことあるよw」アピールのプロフィールをよく見かけます。

 

 これを使うときの法則を見つけました。

 「周りからはよくデブって言われます」とかマイナスのイメージの時には周りは巻き込まないです。

 

 大体は「周りからはおっちょこちょいだと言われます 笑」とかのマイナスイメージには働かないような文言に使うことが多いです。

 

 これ、「周りからの発言だと信ぴょう性が増す」という人間の心理をついているのを無意識にわかっているからだと思います。

 マイナスのイメージの信ぴょう性が増したら困りますもんね。

 

 それと、この言い回しが多用される場面がもう一つあります。

 それは、過剰に自分を持ち上げる言葉を使いたい場合です。

 例としては

 「周りからはカワイイ系だと言われます 笑」とか

 「一度だけ芸能人の○○に似てるって言われたことありますがそんなに可愛くないです 笑」とかですね。

 

 周りを巻き込んで、さらに最後に「笑」をつけ、おまけに枕詞で「一度だけ」をつけることにより、自分ではそんなこと思ってないよー、自意識過剰じゃないよー、というアピールが存分にできます。

 

 散々プロフィールの考察をしましたが、男がプロフィールを書く場合はどんな文言より強い文言があります。

 「年収一千万超えです。」

 はい、これです。

 これを書いておけば、たくさん女性は群がってくることでしょう。

 幸せになれるかは分かりませんが、お金があるうちは幸せだと思いますよ。

 

 「いやぁー、さすがに年収詐欺はできないよー」と思われることでしょう。

 しかし、女性には詐欺写メがあるんだから、男性にも詐欺年収があってもよくないですか?

 勇気がある方はぜひ実践してみてください。

 

 最近、イイねが来てメッセージのやり取りを何日かした後に女性に言われました。

 「あなたみたいな人は、彼女作らないほうがいいよ。」

 嘘だと思うでしょ?これホントの話ですからね。

 面と向かって言われていたら、ジャンピング豚足するレベルの暴言ですよ。

 

 さて、そんな私が今夜いただくのは、

 「女性からの恨み」です。

投稿日:2020/12/03   投稿者:-