日記

DIARY

 前回のブログを見直したら、疲れていたのだろうなと思いました。

 あのブログにOKを出した社長も疲れていたのだろうなと思いました。

 

 そもそも僕のブログは、本来ならば人様に公開するものではないのですが、社長がどうしても公開したいと言うので、こうやって僕の考えを文章にして公開している次第でございます。

 ですので、あまり真に受けないでくださいね。

 さぁ、今回は僕のどんな考えが公開されるのでしょうか。参りましょう。

 

 

 世の中には答えに困る質問というものがありますよね?

 答えに困る質問は多々あるかと思いますが、今回スポットライトを当てる質問はこちら。

 「私の(俺の)どこが好き?」

 

 類似するものとして、「私の(俺の)ことどれくらい好き?」がありますが、僕にとっては大した問題ではありません。

 「君が僕のことを好きと思う気持ちの10倍好きだよ」と答えればOKです。

 この答えをすると大体は下記のような流れになります。

 仮想彼女「えー、それズルいよー!」 

 

 僕「だって本当なんだもん。君が僕のことを好きと思う気持ちより、僕が君を好きと思う気持ちの方が大きいよ」

 

 仮想彼女「そんなことない!あたしの方が好きだもん!!」

 

 僕「どっちでもいいよ。君は僕が好きで、僕は君が好き。それだけで十分だよ(ニコッ)」

 

 仮想彼女「僕君・・・(ポッ)」

 脱線した話がなげぇ。話を戻しましょう。

 

 「どこが好き?」という質問に、「全部好きだよ」という答えを聞いたことはありませんか?

 これは確かに便利で、ひねくれていない普通の相手であれば納得させられる言葉かもしれません。

 

 さぁ本題です。

 僕のようにひねくれた人は、この「全部好きだよ」に疑問を感じます。

 

 ただ単に「全部好きだよ」と言ってしまうとそれは嘘です。

 なぜなら、相手のことを全部わかるというのはあり得ません。

 もし自分の知らないところで、相手が浮気していたとしましょう。

 この場合に「全部好き」と言ったら、浮気していることも含めて好きということになってしまいます。

 

 そもそも、本当に全部好きですか?一生一緒にいることを念書に書いて、違約金を10億に設定できるぐらい好きですか?

 

 分かっています。特に深く考えずに、思ったことを言葉にしたら「全部好き」という言葉になっただけということは百も承知です。

 

 そして、この「全部好き」という答えが模範解答の一つであることも分かっています。

 軋轢を生まず、関係も上手くいくことでしょう。

 

 しかし!関係が上手くいくとかはどうでもいいのです。

 僕が知りたいのは、模範解答ではなく真の解です。

 ※「真の解」の使い方があっているのかはわかりません。意味は伝わるから大丈夫でしょ!!

 

 では、本当の答えは何でしょう。

 まずは、好きという気持ちがどのようにして生まれるのかを考えてみましょう。

 好きという気持ちは、特定の人に会ったり考えたりする時に分泌される、脳内物質の働きによるものです。

 様々な要因や勘違いなどにより、特定の人に反応して脳内物質が分泌されるような回路が脳内に出来上がれば好きという気持ちの完成です。

 

 それをふまえて、僕が考える本当の答えはこうです。

 「あなたといる時や、あなたのことを考えると脳内物質が出てくるの。私の脳内物質を分泌させてくれるあなたの存在自体があなたの好きなところです!」

 

 アツイ!なんかすごい熱意が伝わってくる。これはこれでなかなか高得点な答えになったのでは?

 皆さんぜひ使ってください。

投稿日:2020/08/27   投稿者:-

 皆様、お久しぶりでございます。

 約一年半ぶりにブログを書いているのですが、久しぶりすぎて拙い文章になるかとは思いますがご了承ください。

 それでは始めてみましょうかね。

 

 最近はコロナ禍ということもあり、家の中で過ごす時間が多くなってきたのではないでしょうか。

 それに伴い、恋人がいる方はお家デートが増えたのではないでしょうか。

 お家デート中にクーラーが壊れてしまえばいいのに。

 

 さて、お家デートを楽しんでいると必ず直面する問題がありますよね…?

 

 そう!トイレ問題ですね。

 人によっては何の問題もないかもしれませんが、付き合いたてのカップルにとっては問題となってくることもあるのではないでしょうか。

 これは、なかなかデリケートな問題だと思います。

 

 お家デートをしていて、急に恋人が「ちょっとコンビニ行ってくる!」と言って、「一緒に行こうか?」「いい、一人で大丈夫」という会話があったら、それはたぶんうんこです。

 そっと、一人で行かせてあげてください。「ゆっくりでいいからね」と一声かけることができたら百点満点です。

 

 恋人に裸は見せることができても、「うんこ行ってくる!」の一言はなかなか言えない方は一定数おられると思います。

 

 ちなみに、うちの社長は「クソしてくる!」が口癖です。

 そのおかげで、進栄商事のトイレットペーパー消費量は一般家庭の三倍です。シャアザクですね。(わからない人は「シャアザク 三倍」でググってください。)

 おっと、話がそれましたね。時を戻そう。

 

 では、是が非でもこの問題を乗り越えたい。解決したい。と思っておられる方のために、どうしたらいいのかを僕が一緒に考えてあげましょう。

 「そんなクソみたいな問題(うんこの話なだけにね)どうでもいい!」と思っておられる方は今日のブログはパスしてください。

 

 この問題を解決するにあたっては、男か女かによっても違ってくると思います。

 もしあなたが男性ならば、次のお家デートでぜひ言ってあげてください。

「うんこ行ってくる」と。

 

 今までのお家デートでサイレントウンコをしていた場合は、「どうしたの急に?脳みその代わりにうんこを頭に詰めたの?アンパンマンならぬウンパンマン?」みたいな顔で見られるかもしれません。

 ※ちなみに、「アンパンマンならぬウンパンマン」という言葉は打消しの言葉として使っておりますが、厳密には使い方が間違っているかもしれません。

 ここでの意味は、「アンパンマンではなくウンパンマン」という意味で使っておりますが、ウンパンマンというものが実在しないので使い方があっているのかはわかりません。

 日本語に明るい方がいたら教えてください。

 

 しかし、何回も繰り返すことによって次第に彼女の方も、報告制うんこが当たり前になってくるのではないでしょうか。

 そのうち、彼女の口から「うんこ行ってくる」という言葉を聞くことができるでしょう。

 そして、その言葉を聞けたならあなたのウン活は大成功です。めでたしめでたし。

 ~目指せ、あなたも今日からウンパンウーマン!~

 

 

 さて、女性の場合はさすがに恥ずかしいですよね。

 さすがに、女性の方が先に「うんこ行ってくる」と言うのはあんまりだと思います。

 もちろん、カップルのパワーバランスによっては女性が先に均衡を破るのもありだと思いますが、とりあえず別の方法を考えましょう。

 

 この場合は、最初に勇気を出して取り決めをするのはどうでしょう。

 「私がうんこをしたい時は、ダークマター出してくる。って言うからそっと見守ってね」て言うとか。

 

 いや、無理か。大分無理がありますね。

 これが言えるのなら、普通にうんこ行ってくるって言えますね。

 

 ちょっと考えるのがめんどくさいので、この問題を乗り越えたい女性の方は別れてください。

 そして、次はそんなことを気にしないで付き合える素敵な男性を見つけてください。

 

 あ、僕は全く気にしないし、相手が気を使わないでいいような雰囲気づくりを積極的に行うことができますよ☆

 

 でも女性は結局、気を使わないで楽にいられる相手よりも、気を使ってでもドキドキできる相手を選ぶんですよ。

 そして、人をドキドキさせるのが得意な男性ほどクズが多いんです。

 

 おっと、また話がそれました。

 ここら辺の話はまた今度にしましょう。止まらなくなるので。

 

 そろそろ締めの言葉に参りましょうかね。

 では最後は皆さんご一緒に

 「レッツ ウン活!!」

投稿日:2020/08/21   投稿者:-

 

 日本には、三種の神器と呼ばれてきたものがあります。

 元祖三種の神器はもちろん「八咫鏡」「八尺瓊勾玉」「草薙剣」です。

 

 1950年ごろには「白黒テレビ」「洗濯機」「冷蔵庫」が家電の三種の神器と呼ばれ、1960年代には「カラーテレビ」「クーラー」「自動車」が新三種の神器と呼ばれたらしいです。

 神器の大安売りしすぎじゃ?

 

 現在の三種の神器は暫定では「ロボット掃除機」「全自動洗濯乾燥機」「食洗機」だそうです。

 家電メーカーの策略じゃない?そもそも神器なのに家事の手伝いしすぎじゃない?

 

 この流れを見ると、有能な何かが三つあれば三種の神器と呼んでも差し支えないということです。

 

 そして、僕は見つけました。

 最近の女性の会話の三種の神器です。

 「ウケルゥー」「ゥワァーカゥワィー」「ワカルゥー」の三つです。

 

 どうですか?この言葉結構聞きませんか?

 基本的にルゥールゥー言ってます。

 周りにキツネがいたらめっちゃ寄ってくると思います。

 

 

 この間、某ファミレスで僕がウーロン茶をがぶ飲みしている横で聞こえてきた会話に全ての神器が搭載されていました。

 

 「(携帯を差し出しながら)ねぇ、うちの犬見て!」

 

 「え~、なにこれー!チョーウケルゥー!」

 (え、携帯に写り込んだ自分の顔がそんなにおもしろいの?)

 

 「めっちゃカワイイっしょー?」

 (いやいや、携帯に写り込んだ友達は絶対可愛くないと思うぞ!)

 

 「ワカルゥー!チョォーカゥワゥィー!!」

 (キレルゥー!チョォーウザゥィー!!!)

 

 そのあと、犬の動画を見せられた女の子は

 「あー、カワイすぎて携帯壊したいわー!」

 って言ってました。

 

 いや、人の携帯壊したらアカンよ?そして僕的にはあなたを壊したいと思っているよ?と思った昼下がりでした。

 めっちゃウケル。

 

 んで、僕がこの三種の神器について思ったことは、やはり女性は共感と肯定が大事なんだなと思いました。

 この三つは全部、基本的には肯定か共感の言葉です。

 「ウケルゥー」は面白いという肯定の言葉

 「ゥワァーカゥワィー」は可愛いという肯定の言葉

 「ワカルゥー」は、分かります私も同じ気持ちです。という共感の言葉

 「ルゥールゥー」は北の国からの言葉

 「アーアーアアアアアアー」も北の国からの言葉

 

 男性と違い、とりあえず口から出るのは肯定の言葉なので信用はできません。

 皆様も「チョーカワイイ友達がいるんだよね」という言葉に何回も騙された経験があると思います。

 

 

 最後に、さきほど基本的には肯定の言葉といいましたが、基本じゃない使い方もお教えしましょう。

 某ファミレスで僕がウーロン茶をがぶ飲みしている横の女性の話です。

 

 「ねぇ見て!隣の人、昼時のファミレスなのにお茶しか飲んでない!」

 

 「ワカル!チョーウケルんですけどー!」

 

 この場合の「ウケル」は人を小馬鹿にしている時の「ウケル」ですね。

 マジゲキオコなんですけど。

投稿日:2019/03/08   投稿者:-

 あれ?僕ってもしかしてモテない?

 と、最近考え出すようになった、うだつの上がらない平社員の僕のブログへようこそ。

 ここを覗いた方にも、恋人ができなくなる、もしくは別れる魔法がかかりますように☆

 

 そういえば、「うだつ」とは何かご存知でしょうか?

 建築関係の方であれば、知っている方もおられると思いますが、簡単に言えば家の屋根に付ける装飾品ですね。

 うだつを上げている家は裕福っていう感じです。

 

 さて、話を戻しましょう。

 最近、周りの友達に次々と彼女が出来て幸せそうです。

 そして、それを見て腸(はらわた)が煮えくり返りそうです。

 周りはカップルが成立していくのに、なぜ僕にはできないのだろう。

 あれ?僕ってもしかしてモテない?と考え始めました。

 

 何事にも理由があるはず。

 自分に何かしらの問題があるのだろう。という至極当たり前の考えに行きつきました。

 そして、同じく彼女が出来ずに悩んでいる友達のA君がいたので、一緒に自分達のどこが悪いかを見直すことにしました。

 

 まずは顔。これに関しては、僕は楽々クリアですね。A君も及第点ですがまぁ良しとしましょう。

 

 次に性格。これに関しては、好みは人によって違うので一概には言えないですが、一般的に見て僕らは悪い性格ではないと思います。多分・・・

 

 顔も性格もクリア。ではどこが問題なのか。

 考えた結果、性格の一つかもしれませんが、言葉づかいが原因ではないかという結論に至りました。

 

 僕らはとにかく口が悪いです。特に、僕はA君とつるむようになってから格段に、そして急激に言葉遣いが悪くなっていったと思います。

 全てはA君のせいで僕はモテなくなったのだと思われます。

 

 このままではいけないと思い、A君に言いました。

 「僕は君のせいで言葉遣いが悪くなった。汚い言葉遣いを直すように努力してはくれまいか?」と

 

 A君は言いました。

 「何を言う!僕の方が君のせいで言葉遣いが悪くなったというのに、それを人のせいにするとは何事か!」と

 

 そこから、二人は醜い罪のなすりつけ合いが始まりました。

 双方とも、自分は被害者だと言い張ります。

 

 このままでは埒があかないので、僕は言いました。

 「分かった。じゃあお互いにとりあえずブスとか汚い言葉を使うのは辞めようではないか。」

 A君は言いました。

 「分かった。“ブス”じゃなくて“好みではない”という言い方に変える事にしよう。」

 こうして、僕らは和解しました。

 

~~三日後~~

 A君「おい、この間エイリアンみたいな頭の形をしたブスがいたぞ!!」

 僕 「まじか!!逆にそのブス気になるわ!!」

 二人「・・・・・」

 

 僕 「俺らには無理だな・・・」

 A君「あぁ、無理だな・・・」

 

結果

 口も性格も悪いからモテない。

投稿日:2019/03/03   投稿者:-

 あけましておめでとうございます。約半年ぶりの登場となりましたが、皆様お元気でしたか?

 僕はいまだに彼女はできませんが、なんとか生きています。

 

 この半年の間に色々なことがありました。

 所属していたサークルが男女関係のもつれで分裂したり、友達がフラれたり色々とありましたが、そのお話は後々語ることにしましょう。

 そして、それなりの数の方々にブログを見られているのも分かり、ブログで赤裸々に自分や自分の周りの事を語るのがよろしくないことを知りました。

 僕のブログで嫌な思いなどをされた方にはこの場を借りてお詫び申し上げます。

 僕が、半年もの間ブログを書いてないのはそういう理由です。決して面倒になったからではありませんのでご了承ください。

 

 ということで、今回からは当たり障りのないブログになると思いますがどうぞよろしくお願いいたします。

 

 今日は長い間ブログを書いていなかったので2018年を振り返ってみましょう。

 2018年を振り返ると一年間必死で恋人作りを頑張ったことしか覚えていません。そして、僕も僕の周りも結果は散々でした。

 一年間でフラれた回数は僕だけで3回。周りの友達を含めると10回以上となります。

 参加した合コンは数知れず、使ったお金も数知れず。

 気持ち悪い、しつこい、ウザいと思われた回数はもっと数知れず。

 

 でも、それでも諦めきれずにいるのです。どこかに僕の事を好きになってくれる人がいるのではないかと思ってしまうのです。

 

 今夜こそは、かぼちゃの馬車に乗ったシンデレラが現れるのではないかと。そしてガラスの靴を落としていくのではないかと。

 今夜こそは、毒りんごを食べて意識昏倒している女性がいるのではないかと。そして僕という御豚様のキスで目を覚ますのではないかと。

 

 しかし、現実にはカボチャ体型のシンデレラが現れ、僕のガラスのハートを壊していく夜もありました。

 また、別の夜には毒を吐かれこちらの意識が昏倒しそうになり、キスなんてしようものならこっちの酔いが覚めるわ!!というような思いもしました。

 

 ちなみに、語弊がないように言わせていただきますが、もちろん素敵な女性もたくさんいました。でも僕には見向きもしません。

 なぜ見向きもしないのかは、このブログを読んでいる方にはお分かりになりますよね…?

 というか、このブログを見ればさらにみんなが離れていきますよね?

 皆々様におかれましては、絶対にこのブログのことを周りの方に口外しないよう何卒お願い申し上げます。

 

 さて、ここまで読んで

「あれ?いつもと変わらず赤裸々で口悪い感じじゃない?」と思われた方も多いでしょう。

 いえいえ、ここから一気に変わります。

 

 ※このお話はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。

 

 ほら、これさえあれば何でもOK!!

投稿日:2019/01/10   投稿者:-